脱!コントロール思考

人・状況・結果をコントロールしない。 人・環境にコントロールされない。 脱!コントロール思考なら、自分も周りもきっとうまくいく♪

テイク&テイクだと結局大損する

f:id:goku2956:20180415172608j:plain

 

「ギブアンドテイク(give-and-take)」という言葉が

あります。意味を調べると、

 


「相手に利益を与え、自分も相手から

利益を得ること。」

 


と出てきます。仕事ではこれが基本だ、なんて言う人もいます。

 

 

私もそう思っていました。

 それも・・・仕事だけでなく、人生自体がギブ&テイク

なのではないか、と。

 


しかし以前「真の生きる力を追求するブログ」でも紹介しましたが、

人生で豊かに過ごせる人は「ギブ&ギブ」のようです。

 


▼参考

shin-ikiru.seesaa.net


 


見返りを求めず、自分がやりたいからする。

いたってシンプルな行動ですが、どうしても何らかの見返りを

求めてしまうのが人間の性(さが)というもの。

 

 


しかしその見返りを求めない「ギブ&ギブ」

姿勢こそが周りから共感を得、助けてもらったり

大事な情報をもらえたりするのです。

 


ところが「ギブ&ギブ」の正反対の「テイク&テイク」

いう人も世の中にはいるものです。

 


上記の過去ブログにも書きましたが、「テイク&テイク」の人は

自分の利益を得るために人を「上か下か」と区分したり

(差別したり)しがちです。
人と対等に接するということが出来ないのが「テイク&テイク」の人の

特徴とも言えるかもしれません。

 


また「テイク&テイク」の人は常に自分の利益を最大化

しよう躍起です。ちょっとした会話でも

 

 

私はコミュ力があるからこのように話を

しているのだ

 

 

という空気を出したり、ちょっと飲みに行くにしても

 

 

何か魂胆がある

 

 

という感じがしてします。

 


問題はこのような「テイク&テイク」が他人には分からない

だろうと思っていても、自然と人に伝わってしまう

いうことです。(無意識で「テイク&テイク」の人もいるかも

しれませんが・・・。)

 


人は「テイク&テイク」に基本的に敏感です。

自分から「何かが奪われる」という感じがするのですから、

敏感になって当然でしょう。

 


しかし「テイク&テイク」の人はそれが

分かりません。

 


自分がコントロールしているのだ、と勘違いしているのかも

しれません。

 


でも「人をコントロール」なんてできないのです。

 

結局「テイク&テイク」は周りから反感を買ったり、

相手にされなくなってしまって、長い目で見れば

大損してしまうのです。

 

 

 

目先の利益を最大化しようとして「テイク&テイク」

なってしまうよりも、力を抜いて「ギブ&ギブ」

いう姿勢でいたほうが、結果として自分の利益になる

ような気がします。

 

 

▼元記事はこちら

shin-ikiru.seesaa.net

広告を非表示にする