脱!コントロール思考

人・状況・結果をコントロールしない。 人・環境にコントロールされない。 脱!コントロール思考なら、自分も周りもきっとうまくいく♪

コントロール思考の人は無駄に不機嫌になりやすい

 

f:id:goku2956:20171105101441j:plain

 

 

周りをコントロールして当然、相手をコントロールして

当然と思っている人は、前提として

 

 

「コントロールできて当然」

 

 

と思っているので、

 

 

「コントロールできない=悪」

 

 

と考えがちです。

 


わがままに育った人、自制心がきかない人、そこそこ自由が
きく中高年以上の人などにこの傾向があるように私は思います。

 

こうなると周りはストレスだらけ。

 


自分の言うことを聞かない(思い通りにならない)妻、子供、

部下、同僚などすべてがストレスになります。

 


相手が人間に限らず、思うように操作できない

スマホやパソコンすらストレスに感じてしまいます。

 

 

機械なんて人間の言うとおりにしか動かないのに・・・。

ある意味で一番コントロールしやすいものなのに・・・。

 


自分のコントロールが効くモノ、人、仕事などにのみ目がいくように

なってしまうと、どんどん自分のレベルが下がっていき、自分より

レベルの高い人(モノ)に対しては悪いところを探し出すように

なってしまうこともあります。
(いわゆる粗さがしです。)

 


なのでコントロール思考の人は無駄に不機嫌なことが多いです。

 


反対に脱コントロール思考の人は相手を無理にコントロール

しようとせず、押したり引いたりのバランスがうまく、自然に

身を任せているような感じなので、あまり不機嫌では

ありません。むしろご機嫌なことが多いです。

 


脱コントロール思考の人は無駄なエネルギーを

使っていない、という雰囲気です。

 


しかしコントロール思考の人は周りの粗さがし

ばかりをしていて、一人で勝手に疲れていき、

しかも不機嫌になっているという雰囲気です。

 


誰もが一度しかない人生ですが、どちらの人生がより良い人生かは
言うまでもありません。

 


いつの間にかコントロール思考になっていないか、注意する必要が
ありそうですね。

 

 

▼元記事はこちら

shin-ikiru.seesaa.net