脱!コントロール思考

人・状況・結果をコントロールしない。 人・環境にコントロールされない。 脱!コントロール思考なら、自分も周りもきっとうまくいく♪

相手をコントロールしようとすると自分がコントロール出来なくなる

f:id:goku2956:20171104121837j:plain

 

 

自分が安心したいがために、相手をコントロールしようとする。


自分の不安を消し去りたいために、相手をコントロールしようとする。


自分が優位に立ちたいために、相手をコントロールしようとする。

 

 

このようなことは職場、家庭、学校など様々なところで

よく見かける光景です。

 

 

コントロールしようとしている本人は意外と自覚が無いのかもしれません。
(無意識のうちに相手をコントロールしていこうとしているのかもしれません。)

 

 

相手をコントロールすれば、一時的には良くなる

こともあるでしょう。

 


しかしこれは長くは続かないか、あるいは

自分自身がコントロールできない状態に

なっていく可能性があります。

 


コントロールすることに慣れてしまうと、まるで麻薬のように
「快」を覚え、そしてそれが常態化していきます。

 


そしてコントロール思考が常態化していくと、今度は

コントロール出来ないことを「悪」

とみなしていきます。

 


けれど本来、相手や周りをコントロールなんて出来ないものですから、
それをコントロールしようとすること自体、かなり無理が出てきます。

 

 

しかし本人はコントロールしようとしていることすら気付かなく

なっていきます。コントロール思考は麻薬と一緒ですから、

どんどんとより強いコントロール思考になっていきます。

 


こうなると今度は自分がコントロールできなく

なってきます。

周りの人がどんどんと離れていき、信頼できる人も減っていきます。

 


コントロールしていた(つもりの)相手も離れていってしまったり、
こころを閉ざしてしまったりしてコントロールが出来なくなります。

 


そうするとコントロール思考の人はイライラしたり、不安を感じたり
していきます。

そしてもっともっとコントロールできるような

こと(人)を求めていきます。

この時点ですでに自分をコントロールできていないと思われます。

 

 

これに対して、相手をコントロールしようと

しない人は、自分自身にコントロール

パワーを向けることができます。

 


自制心、忍耐などが自然にできるので、相手をコントロールする

必要もありません。

 


相手をコントロールしなくても不安感や劣等感も無いので、

自分よりレベルの高い人とも接することができます。

それでさらに高いレベルへと自分を成長させることができます。

 


よく「人生で運の量は決まっている」などと言われますが、

もしかすると「人生でコントロールできる量は決まっている」

のかもしれません。

 


それならば相手をうまくコントロールしようとするよりも、

自分をうまくコントロールできるようにした方が上手くいく

ような気がします。

 


・相手も周り(環境)も脱コントロール
 その分を自分に振り分ける。


・でも自分自身もコントロールしすぎない。

 


このくらいでちょうど良いのではないでしょうか。

 

 

▼元記事はこちら

shin-ikiru.seesaa.net