脱!コントロール思考

人・状況・結果をコントロールしない。 人・環境にコントロールされない。 脱!コントロール思考なら、自分も周りもきっとうまくいく♪

脱!コントロール思考で楽に生きる

 

f:id:goku2956:20171104091815j:plain

 

 

「やたらと物事をコントロールしようとする」

 


このような人は結構いるものです。
(私の周りにもいます。)

ここで言う「やたらと」というのは、人、モノ、仕事など、

とにかく自分の周りのことに対して

 


「コントロールしよう、しよう」

 


という姿勢のことです。これを私は「コントロール思考」

と呼んでいます。

 


このような「コントロール思考」の人には、どういうわけか

必ずといっていいほどコントロールできないこと

起きています。それも自分ではどうしようもないくらいの

(たいてい本人にとってつらい)コントロールできないこと

が起きているように感じます。

 


本人が鬱になったり、子供が引きこもりになったり、

親が若くして認知症になったり・・・。

 

 

とにかく自分ではなかなか

 


コントロールできないこと

 


結構な頻度で起きてしまうのです。

 


これはもしかすると話題の(?)引き寄せの法則に近い

かもしれません。引き寄せの法則だと「楽しそうにしている

人には楽しいことが起きる」といいますが、

「コントロールしようとしている人には

コントロール出来ないことが起きる」

となるのかもしれません。
「コントロールしよう」としている時点で潜在的には「コント

ロール出来ていない」と証明しているようなものですから。

 

 

 


よく考えれば「コントロールしよう」というのはかなり
おこがましいことなのかもしれません。人間は神ではない

のですから、

 

「100%はコントロールできない中で、

できること・できないことを学ぶ」

 

というのが人間の本来あるべき姿なのかもしれません。

 


ところが、環境が良くなりすぎたせいかいろいろと

コントロールできて当たり前と勘違いして

しまうのです。

 

 

幼少から青年の頃までずっとこの「コントロールできて当たり前」

の環境にいた人は悲惨です、中年になってから一気に

「コントロールできないこと」が起きて

パンクしてしまいますから。

 

 

だから子供の頃からコントロールできること、できないことを

キチンと分けて考えるようにしたほうが良いのかもしれません。

子供のうちにそれを教えるのが親の努めであり、これこそが

「しつけ」というものなのだと私は思います。

 

 

このことを教えずに「お前は何でもできるんだよ」

などと言い過ぎてしまうと、分別の分かる子ならいいですが、

中には勘違いしてしまう子もいて、そのような子は大人に

なってからが大変でしょうから。

 

 

何でもかんでもコントロールしようとしないこと

で生きることが楽になると私は思います。

 

 

「脱!コントロール思考」。

 

 

この思考が楽に、より豊かに生きる力になるのだと思います。

 

 

▼元ブログはこちら

shin-ikiru.seesaa.net